衝撃の事実?!点をとる子ほど頭を使っていない?

2020年10月15日 14:10 | トム塾 お知らせ トムコーチひとり言


まぁ、今回の内容は見出しの通りなのですが、点をとる子ほどそんなに頭を使ってないですよね。

正確にいうと、頭の使い所が全く違うっていうか…そんな感じですよね…

昨日はこんなことがありました。

計算式が長くなる(…と言いますか、いっぱい数字やら文字が並んでいると)と、思考が停止しちゃう子がいまして…そんな子に

「頭使わないで、シンプルにルールに当てはめてみたら?」

って提案したところ、精度、速度ともにアップするようになっちゃいました。つまり、彼らは頭を使っていなかったわけではなく、多動性の本領を発揮と言わんばかりに、かなり頭を使っているようなんです。しかも、いろんなことに気持ちがいっちゃうから注意欠陥にもなっちゃうんでしょうし、彼らなりに忙しかったんでしょうね…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

背景としては、彼は今までずっと数学という教科から逃げていた子なんですけど、たまたま数学以外のやろうとしていたものを忘れてきたらしいので、授業の最初に

「数学やってみる?」

って提案したんですけど、それが正解でした!

結果として、忘れ物が功を奏しましたようです!

失敗が実は成長の始まりだった!、というのはよくある話ですが、起きましたね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで多くのことをお話をして、信頼をしてくれたことが、こういう奇なる(普通ではない)結果を生むのでしょう!

これを見ていた計算苦手な子たちもマネし始めて、授業の最後の頃には、みんなこんな話をしていましたよ!

「完璧主義だから、なかなか勉強ができなかったんだ…」ってね

そんなものなんですよね〜!

彼らに必要なのは、わかりやすい授業ではなくて、【見る力、聞く力の養成】なんですよね〜!

もう少し数学が安定してきたら、次は英語版をやってみようかな〜って思っています!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。