真実を伝える子は伸びる!の法則

2021年4月9日 09:16 | トム塾 お知らせ


入塾したてホヤホヤの子にありがちな出来事として、良いことだけを話する子っていますよね。

そういう時期って、なかなか伸びづらいです…

心理的背景は、怒られないようにするためです。

怒られないように良い話をすることは、結果的に、真実を伝えていないから、対応も真実に伴わない対応となり、結果として伸びづらい時期となってしまいます。

しかし、心が通うようになると、良いことも悪いことも話せるようになってきます。

すると、包み隠すこともなく、裏読みするようなこともないので、純粋に話を聞けるように変化し、学習面での話も聞けるようになってきます。

すると、結果がオマケ的というか当たり前のように付いてきます。

新年度1発目の授業でも、こんなことに気がついた生徒さんがいました!(たいしたものです!)

つまり、怒られ続ける環境で育った子ほど、こういった学習問題を抱えている子は多いようですね。

関わる人は、きちんと育てようとして怒っているのに、なんとも皮肉のような結果ですね。

そして、まだこの段階にいる子は、【勉強=結果】につながらないので、その前に正すことがあります。

まずは、素直になること!

これが学習面で結果を出すための、初期段階に大切なことですね!

ここに一本の筋を通していただきたいものです!

以上、雑観でした!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


落ちこぼれ 学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。