消しカスでわかること!(考え方が変わるとき)

2020年9月1日 22:31 | トムコーチひとり言 生トム塾


消しゴムのカスって役に立たないもののように思われますが、トム塾では大切な指標なんです!

基本的にトム塾生は入塾したての頃は、発達症が特有の【めんどくさい衝動】と【完璧主義】に駆られていることがとても多いです。

そして、めんどくさい衝動が発動中の子は、書くことを極度に嫌がるので結果的に消しカスの量はほとんど発生しません。さらに、間違えることを極度に恐れているので間違えようとすることもなくチャレンジしませんので、よって、同様に消しカスが発生しようがありません。

それがトム塾内での対話をすることによって変化が起きてきます。

ある日、突然消しカスの量が増えているんです!

つまり、

めんどくさい → 結果を出すためなら書く!

完璧主義 → 間違いを厭わずチャレンジする!

に考え方(心の変化)が変化したんですね!

いわゆる、パラダイムシフトってやつですよね…
この瞬間が一番嬉しい瞬間ですね!

そして、こういった「ステキな変化が雪崩の如く起きます!」ように関わるのみですね!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


«
過去の記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。