10月2020の投稿

最近思うこと!家庭と学力

2020年10月15日 14:41 | トム塾 お知らせ トムコーチひとり言 生トム塾


トム塾は普通の塾ではないため守秘義務が、かなりキツい設定になっているので、なかなか授業の様子を伝えることができないのですが…、それが理由で近況の話としてまとめることが難しくて、ブログの更新頻度も低く設定するしかない感じなんですけど、、、ね。

それでもお伝えしなければならないことだと思ったので、ちょっと書いて見ます!

トム塾に入ってくる生徒の皆さんは、自己肯定感が極度に低すぎますよね…

だから結果として、夢を持てなかったり、将来のビジョンを描けなかったりしているんですよね。

だから、未来を見て今を本気で生きるいうところに立てないんですよね…

だから、毎日を適当に過ごしていたのかな〜と思います。

もちろん、私立中高一貫系の子は、これとは別個にそこそこのプライドも生じていますから、心の歪みを解き解くにはさらに厄介なものです。かなり心がねじれにねじれていますから…。

思うんですけど、ご家庭でもお子さんをもっともっと承認してあげていただけたらなって思うんですよね。

承認されれば、チャレンジもしたくなるし、たとえそこで失敗してもさらに負けじとチャレンジしていくでしょうから、必ずいつかはうまくいくと思うんですよね!

そんな一歩って日常のありふれた対話だけで、できると思うんですよね!

そんな環境を創ることの方が、「勉強しろ!」っていった理、【無理に勉強させる】ことよりも効果あると思いますよ!

ちなみに、「勉強しろ!」っていうと、多くの子どもの心にどんな反応が起きているかと言いますと、、、

「やれって言われてもできない自分がいる。自分はダメな人間だ…」

という具合に自己嫌悪のスパイラルに入るだけですからね。

このスパイラルに入って、さらに「勉強しろ!」とか「結果が…」ってなったら一生そのスパイラルからは出られないと思いますよ…

その逃げ場は、サイバー空間にしかなくなりますから、ゲーム三昧に育っていくんじゃないかなって思います。すでに現代思想の中でも20年前くらいから言われていることですから、その通りの世の中になっているなと感じるだけです。

こんなスパイラルから抜け出すためのアプローチが必要な方は、ママカフェをご活用ください!

トム塾は、子どもも、母も教育していきますよ!

 


衝撃の事実?!点をとる子ほど頭を使っていない?

2020年10月15日 14:10 | トム塾 お知らせ トムコーチひとり言


まぁ、今回の内容は見出しの通りなのですが、点をとる子ほどそんなに頭を使ってないですよね。

正確にいうと、頭の使い所が全く違うっていうか…そんな感じですよね…

昨日はこんなことがありました。

計算式が長くなる(…と言いますか、いっぱい数字やら文字が並んでいると)と、思考が停止しちゃう子がいまして…そんな子に

「頭使わないで、シンプルにルールに当てはめてみたら?」

って提案したところ、精度、速度ともにアップするようになっちゃいました。つまり、彼らは頭を使っていなかったわけではなく、多動性の本領を発揮と言わんばかりに、かなり頭を使っているようなんです。しかも、いろんなことに気持ちがいっちゃうから注意欠陥にもなっちゃうんでしょうし、彼らなりに忙しかったんでしょうね…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

背景としては、彼は今までずっと数学という教科から逃げていた子なんですけど、たまたま数学以外のやろうとしていたものを忘れてきたらしいので、授業の最初に

「数学やってみる?」

って提案したんですけど、それが正解でした!

結果として、忘れ物が功を奏しましたようです!

失敗が実は成長の始まりだった!、というのはよくある話ですが、起きましたね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで多くのことをお話をして、信頼をしてくれたことが、こういう奇なる(普通ではない)結果を生むのでしょう!

これを見ていた計算苦手な子たちもマネし始めて、授業の最後の頃には、みんなこんな話をしていましたよ!

「完璧主義だから、なかなか勉強ができなかったんだ…」ってね

そんなものなんですよね〜!

彼らに必要なのは、わかりやすい授業ではなくて、【見る力、聞く力の養成】なんですよね〜!

もう少し数学が安定してきたら、次は英語版をやってみようかな〜って思っています!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


そろそろ気をつけ始めましょう!(感染症の情報共有)

2020年10月14日 14:31 | トム塾 お知らせ


新型コロナに苦しめられた1年でしたが、なんとか原因不明である新型コロナウイルス のデータも揃い始め、日本政府もGo to キャンペーンなどもスタートし、実生活にも徐々に安定の方向に動いているように見受けられます。

そして、これからが心配されているのが、ツインデミックのようです。

ツインデミックとは、まだまだ聴き慣れない言葉ですが、コロナと季節性のインフルエンザの同時感染者が拡大していく状態のようです。

↓詳細はこちら↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ebd1e229799ff96d1cf2cf9f054ceedb435426f?page=1

まだ不明な点が多いため、なんとも言えないところではございますが、言葉が生まれているからには、日頃から用心するに越したことはないなと思っております。

今は季節の変わり目で気温も予報では山間部での降雪の話も出始めています。十分に体を温め、しっかりご飯を食べて、体を動かし、少しは日光にあたることで、免疫力を上げて備えていただければなと思っております。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


農楽部2020もファイナルへ!

2020年10月8日 16:26 | トム塾 お知らせ トムコーチひとり言


 

10月を迎え農楽部ももうそろそろ完了間近です!

なんだかんだ言って、結構心や考え方の成長を遂げましたね。

初期に参加していた高校生は、先日の大会で全道大会への出場を果たしました!

中学生の時には全道大会どころか、全市大会に出場するどころか、地区大会で敗退するような子でしたが、一気にジャンプアップの結果を出しました!

高校1年生で全道大会に出場を果たした子ですから、高校3年生になればどうなることやら…今から期待大ですね

彼にはスケボー(オリンピック種目でもあるスケートボード)を用いた体の使い方なんかを伝えたのですが、教えれば教えるほどに吸収していくし、どんどん練習もしていくし、結果として上達します!

体の使い方というのは結構大事なものです!

そんな彼は学びに対しても真剣に向き合うようになり、目標も設計したようです!

スポーツもできて、勉強もできる子ってステキですよね!

最後にまとめると、気持ち、方法、目標(明るい結果)なんかの3つが揃うと強いですよね!

これら全てが重要なのであって、一つずつではうまく機能しないので、お間違いないようにお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


マジメな子が陥るワナから抜ける次のステップ!

2020年10月8日 16:01 | トム塾 お知らせ トムコーチひとり言


 

ふと気づいたのは、勉強が苦手な子ほど、初見(初めて見る単語や公式)の勉強時に一生懸命に覚えていることを発見しました。

すごく一生懸命やっていて驚きですし、それで小さな結果を繰り返し出しているので、問題がないように思われるでしょうが、そうでもないんですよね。

初見の時にあまり力が入っていると、疲れちゃうんですよね…

疲れちゃうとやめたくなるんですよね…

つまり続かなくなっちゃうんですよね…

これでは持続的成長には繋がらないんですよね。

そこで3つほどの学習継続の可能性が高まる学習法をアドバイスしてみたんですが、その直後に心がフッと軽くなったような、空気が軽くなるような瞬間を感じました。

みなさんマジメだから、「やる!」って決めたらやるんでしょうけど、次のステップとして継続できる学習法を教えてあげないといけませんからね!

今はそんな一生懸命やるステップまで到達できたので、今後も一進一退を繰り返しながらにはなるとは思いますけど、この次の壁を乗り越えていただけたらって思っています!

そしたら楽であり、楽しい学習環境が出来上がるかと思います!特にマジメな気質を持っている人には必要不可欠な方法かもしれません!

 

秋が深まりつつあります!体調管理にお気をつけください!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善

 


気づかせる極意 〜英語が苦手でできない原因の発見〜

2020年10月2日 14:01 | トム塾 お知らせ 生トム塾 生徒ちゃま の 声 希望 の 話


先日一人の生徒さんが、面白い発言をしていました。

「身近に英語があるんですね…」

こういう発言のきっかけは、たわいもない近況のお話(コーチングタイム)の時に、「英語が苦手な人はお店屋さんの名前や商品とかにある英語を調べてみよう!」と伝えた時、その生徒さんは「英語なんて身の周りにはない」と思いこんでいたようでして…、

「英語ってそんなにあるんですか…?」

という顔をするので、

「セブンイレブン(SEVEN ELEVEN)とかは知ってる?」

と尋ねると、

「セブンイレブンって英語なんですか?知りませんでした…」

との返答が返ってきました。

「セブンイレブンは、7と11っていう意味で、昔は7時に開店してよるの11時に閉店していたのよ」という伝えたところ、

「そうだったんですね…知りませんでした…」

との返答が返ってきました。

その後よくよく話を聞くと、セブンイレブンという言葉は知っているし、使っているようですが、セブンイレブンっていうお店があるという認識だったようです。

おそらく、コンビニという言葉も小さいお店っていう意味で捉えているのかもしれませんね。

このように【英語が苦手でできないという原因】は、たわいもない対話から見つかっていきます。

こちらから原因を聞き続けても出てくるものでもありませんし、もし先生がそうだと分かっても、本人が気がつくことはないでしょうから、関係者(先生や親御さん)がわかっていることが良いことでもありません。

本人に気づかせるためには、全然別な角度からのふとした瞬間から起きてくるものなんですよね。

ですから、気づかせることは時間と根気を必要とします。

それでも、コーチングを用いた教育は、一般的な環境にいるよりは数倍の速度で気がつかせることができるので、活用は必要不可欠ですね。

ちなみに、その生徒さんは、家に帰った後に自分が知っているお店などをしっかり調べて、紙にまとめてきてくれました。

こういう素直な心を持った子は、ここからの伸びが期待できます!
今後の展開が楽しみな逸材です!

素敵な出会いに感謝です!

〜雑記〜
この対話は、話のエッセンスのみを抽出し、できるだけ生徒さんの言葉を変えることなく記載されています。これだけの対話だけで気がつくという変化が起きているわけではありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ


学習塾 新札幌 コーチング パラダイムシフト ブレイクスルー 読書会 国語力育成 夢披露会 学力不振 不登校改善